ニュース一覧

人気エリアで事務所を開く

男の人

低コストで物件を確保

新宿といえば首都行政の中心地であるばかりでなく、巨大なビジネスセンターでもあります。オフィス需要は非常に多く、テナント料もかなりの高水準となっています。そのため、小規模事業者等が新宿にオフィススペースを確保するのはなかなか大変です。しかしながら、このことは逆に新宿という街のブランド価値を高める結果となっています。新宿にオフィスを構えていれば社会的信用も高くなり、商取引等の面でもプラスとなります。となれば、できるだけ低コストで新宿にオフィスを持てるのであれば、それに越したことはないということになります。その点、理想的な物件とも言えるのがレンタルオフィスです。レンタルオフィスはいわゆる貸事務所の一形態ですが、通常の物件に比べると保証金が3〜6分の1ほども安く、また礼金や仲介手数料も必要ないという点に大きな特徴があります。さらに、内装や基本的なオフィス家具等は備え付けとなっているため、カバン1つで入居してもその日からすぐに開業が可能です。こうしたことから、レンタルオフィスは事務所開設に伴う初期費用を節約できる物件として人気を集めています。加えて、一般的な賃貸オフィスは2〜3年程度の入居契約が基本となりますが、レンタルオフィスはもっと短い、場合によっては月単位の契約も可能です。そのため、本格的なオフィス開きを前にした仮事務所や、期間限定のイベントを開催するための連絡事務所などに活用することもできます。

Copyright© 2018 レンタルオフィスの契約【簡単に申し込みできる】 All Rights Reserved.